garage【K`s】

バイクとか模型とか趣味のブログです

組み立てみる?

こんにちは。
ローリーの続きです。

20140226160805c2d.jpg
前回、切り出したパーツをちょっと組み立ててみました。
要所には軸うちしながら接着していきます。

20140226160806308.jpg
タンクを受ける部分も接着していきます。

20140226160807d25.jpg
タンクを乗せるとこんな感じになります。

20140226160809648.jpg
裏側はこんな感じです。

今日はここまでです。

ではまた。

スポンサーサイト

パーツの切り出しなど…。

こんにちは。
ローリーの続きです。

201402222226297c0.jpg
まだまだですが、こんな常態です。

201402222226367dd.jpg
合間にこのようにパーツを切り出したりしてます。

201402222226378da.jpg
直線主体のパーツはプラ板に直接下書きすればOKですが、
こういうパーツは型紙を張り付けて切り出します。

今日はここまでです。

ではまた。




繰返し繰返し…。

こんにちは。

何度も繰返して…、
20140219231905064.jpg
20140219231916b84.jpg
201402192319215f9.jpg
201402192319227f6.jpg

おります(笑)。

ではまた。


凸凹です。

こんにちは。
続きです。

20140216211105eae.jpg
やはりデコボコなのでポリエステルパテをあちらこちらに(笑)。
削るのが大変そうですね。

20140216211102530.jpg
これらはまぁ、お分かりかと思いますがタンクの前部と後部の部分に使います。
ほら、あの部分って平面じゃなく湾曲してるでしょ。

20140216211101e4c.jpg
こうして重ね合わせて、最後にパテを盛って削って整えようという魂胆です(笑)。
写真じゃまだ型紙が残ってますが最終的には剥がしますよ(笑)。それとプラ板同士がずれないようにピンバイスで貫通して1㎜プラ棒を通してあります。

ここのところおかげさまで?仕事が忙しくなかなか進みません…(言い訳)。

今日はここまでです。

ではまた。

合体。

こんにちは。
続きです。

201402152150182c9.jpg
タンクを合体させました。
エポキシ接着剤やら、軸うちやらしてしっかり接着しました。
20140215215023691.jpg
しっかり乾燥させてからタンクの後部の部分を巻きます。
同じように0.3㎜プラ板を2枚重ねします。

20140215215027e63.jpg
そして接着剤が乾燥するまではこのようにテープで固定します。

やはりちょっとプラ板が薄すぎたようです。
場所によっては接着剤で溶けて陥没しそうな箇所が(笑)。
かなり補修が大変そう…。

今日はここまでです。

ではまた。

巻きます。

こんにちは。
ローリーの続きです。

骨組みの接着部分が乾燥したので

201402091503542a3.jpg
巻きます。
0.3㎜のプラ板を切り出して写真のように一番端っこを接着して乾燥したら

201402091504058a5.jpg
ぐるっと1周、接着剤を付けなら回します。
0.3㎜という厚さなのでわりと楽に回ります。

20140209150401830.jpg
接着剤が乾燥するまではこのようにテープで固定します。
それと0.3㎜プラ板は2枚重ねます。
2枚重ねてもちょっと弱いですね、本当はもっと厚い材料を使った方が良かったと思います。

タンク部分の接続部分の処理についてですが、1枚物のプラ板でピッタリ合わせるのは不可能と思いましたので
20140209150409537.jpg
こうしました。
ちょっと分かりにくいかも知れませんが、タンクの材料を最初から短めに切って端数部分を後で埋めるという方法です。
意味解りませんよね(笑)?すみません、上の断面画像を参考にして下さい。余計に解りません?すみません(笑)
接続部分を下にしておけばほとんど目立ちませんから…(笑)。

今日はここまでです。

ではまた。


ほねぐみから

こんにちは。
前回の続きです。
ローリーを作ろうと思います。

20140208172533bd2.jpg
まずは、印刷した型紙を適当に切り出し、貼って剥がせるスプレー糊を吹き付けてプラ板に張り付けました。

20140208172546f28.jpg
これを糸ノコで切り出して、

20140208172541e7c.jpg
重ねて合わせて回りを削って大きさを合わせます(適当ですけどね(笑))。

20140208172551873.jpg
型紙を剥がして3㎜プラ棒を使ってこんな感じに組み立てます。
接着箇所にはエポキシ接着剤をコッテリと盛り付けてあります。
このローリーは前部と後部とは形状が違うようですのでこのように分けて組み立てました。

今日はここまでです。

ではまた。


横道へそれる?

こんにちは。
トレーラーの続きです。

201402020933102c5.jpg
トレーラーの荷台です。
写真じゃ分かりにくいと思いますがヒケが凄いんです。
パテで埋めれば済む話しなんですが、せっかく木目のモールドやボルト類のモールドがあるのに台無しになってしまいます。
ここはやはりこーやんさんの手法をパクるいや参考にさせていただくか?
ちょっと考えます。
考えが纏まるまでこれは置いといて、と…。
え?置いとくの?
実はここからが本題だったりします。
このキットを始めた理由とか、車軸回りを脱着式にした理由とか。

20140202093326a9b.jpg
会社のCAD をこっそり借用して?休憩時間を利用して?こんな図面を描いていました(笑)。

20140202093320b8b.jpg
これはパーツ割の図面です。

201402020933230cf.jpg
これを実物大(1/25)で印刷します。

2014020209341865b.jpg
この後ろ姿にピーンとくる人はピ~ンとくる?なんのこっちゃ(笑)。
201402020934231fb.jpg
プラ板なんぞを買い込んできました。
さて、上手くいくのでしょうか(笑)?

今日はここまでです。

ではまた。






FC2Ad